ビーズのヘッドドレス製作過程

再演に再演を繰り返し、錆びて壊れたヘッドドレス・・・無残!
という事で、蛇の妖怪「シーリン」のヘッドドレスを修理する事になりました。

①土台を編む

細いワイヤーをかぎ針でどんどん編んでいきます。ワイヤー30m使用!

②ビーズの鱗をつくる

こちらのパーツをつくって つくって つくって・・・80個!

③ワイヤーの土台にとめていく

一つ一つ隙間をうめるようにとめて とめて  とめて・・・
 色彩バランスを見ながら とめて とめて ひたすらとめる
スパンコールテープをたたきつけたら、土台は完成です!

④コサージュ修正&土台と合体

コサージュも思った以上に軸が錆びて朽ちてきていたので、一つ一つ壊れないよう丁寧に分解する所からはじめました。
新しいワイヤーを軸にしブーケやコサージュをつくっていく要領で花のバランス、葉っぱのバランスを見ながら、テープで巻いていきます。
最後にビーズの土台とコサージュ合体させ、糸で縫いとめたら完成です!!!

関連記事

  1. 舞台衣装家の仕事とは?